AGA治療で蘇る若かりし頃|風になびくサラッとヘアを手に入れる

医者

医療機関で薄毛治療

薬

東京都などの首都圏を中心にaga治療ができるクリニックが増えてきています。agaとは男性がなりやすい薄毛のことです。薄毛になったらagaのクリニックに行って原因を調べ、原因にあった対策をすることが大事です。

Read More...

治せる薄毛

水と錠剤

特徴のあれこれ

若いころは、薄毛の人を馬鹿にしていて自分はこんなに髪がフサフサだからハゲることはないだろうと思っていても、きちんとケアしていなければ誰しも薄毛になってしまう可能性があるのです。抜け毛は、生活習慣のみだれや運動不足、偏った食生活、遺伝、男性ホルモンなどが原因で引き起こされます。特に遺伝や男性ホルモンの影響を強く受ける抜け毛をAGAといいます。AGAとは男性型脱毛症のことで、頭頂部または生え際から徐々に薄毛が進行してくる特徴があります。最終的には、後頭部と側頭部のみ髪の毛が残ります。自分がAGAかどうかの診断は、頭髪専門の医療機関で検査してもらうことができます。適切な治療を受けることで改善ができます。

薬で改善へ

頭髪専門クリニックでのAGA治療は、基本的に薬を処方して治療をしていきます。プロペシアとミノキシジルが処方されます。プロペシアには、男性ホルモンのはたらきを抑えてくれる効果があります。抜け毛の原因である男性ホルモンのはたらきを抑えることで抜け毛の促進をくいとめる効果があります。ミノキシジルは、発毛をさせる効果があります。この2つの薬で治療をしていきますが、頭髪専門クリニックによってはこれらの薬以外に外用薬や栄養剤を処方してくれるところもあります。平均で1ヶ月から2ヶ月程度で改善の兆候があらわれてきます。ただし、保険の適用がされない治療であるため費用は高額になります。月3万円前後費用がかかります。病院での治療とともに、生活習慣の改善なども意識することで、早目の発毛効果を得られることでしょう。

病院での薄毛ケアの種類

医者と看護師

aga治療を提供している専門のクリニックでは、医薬成分の頭皮への注入や頭皮内部の脂肪の融解など、多彩な医療テクニックで抜け毛トラブルに対応しています。それ故に、これまで医薬品による治療で効果が実感できなかった方でも、優れた治療結果を期待する事が出来る手法です。

Read More...

薄毛は薬で治す時代です

女医

問題と言えることにはAGAの脱毛症です。脱毛症であるため、日々で脱毛が見られます。そのため市販で販売されている脱毛剤を使用されたりしますが、適切な解決法と言えるのが病院の治療と言えるでしょう。

Read More...